蹴上・岡崎で過ごす秋のひと時

花見小路 hanami-koji 月々のおすすめエリアとともに、京都の風物詩をご紹介します。ナビキャラクター わびすけ

蹴上・岡崎で過ごす秋のひと時

東山の山々の麓に広がる蹴上・岡崎エリア。山の緑と水路がまちを彩る自然豊かな景観の中に、歴史ある神社仏閣、近代京都を代表する文化スポットが点在しています。今回はそんな蹴上・岡崎で過ごす秋の魅力をご紹介しましょう。

秋の古都を彩る時代絵巻

平安神宮へいあんじんぐう
岡崎エリアのシンボルといえる「平安神宮」。10月に行われる「時代祭」は、平安神宮の大祭で京都三大祭りのひとつです。幕末の動乱で衰退した京都を復活させようと明治28年に行われた平安遷都1100年記念祭、そして平安神宮の創建を祝う行事としてはじまりました。見どころは明治維新から延暦時代の風俗行列。約二千人もの人が各時代の衣装に身を包み、京都御所から平安神宮へと進みます。厳格な時代考証を経て再現された衣装や道具類も必見です。
平安神宮

京都市左京区岡崎西天王町97
☎075-761-0221
http://www.heianjingu.or.jp/

壮大な秋祭りも実施

粟田神社あわたじんじゃ
京の東の出入り口・粟田口に創建され、旅の安全を祈る神様としても信仰されてきました。10月の「粟田祭」はおよそ千年の歴史がある伝統的な祭事。迫力ある粟田大燈呂が見られる「夜渡り神事」や剣鉾・神輿が巡行する神幸祭などが行われます。
粟田神社

京都市東山区粟田口鍛冶町1
☎075-551-3154
https://awatajinja.jp/

近代庭園の美

無鄰菴むりんあん
明治・大正期の元老・山縣有朋の別荘につくられた日本庭園は、京都の紅葉名所のひとつ。庭を眺めながらお茶やオリジナルの甘味が楽しめる庭園カフェも用意されています。季節ごとに夜間公開などの特別イベントも実施。
勝竜寺城公園

京都市左京区南禅寺草川町31
☎075-771-3909
https://murin-an.jp/

近代遺産クルーズ

びわ湖疎水船びわこそすいせん
琵琶湖の水を京都で活用すべく、明治時代に建設された人工運河・琵琶湖疎水。滋賀の大津から取水し、京都の山科を経由して蹴上へと流れています。この疎水を船で周遊できる「びわ湖疎水船」が春と秋に運航。乗下船場のひとつが蹴上にあります。
びわ湖疎水船

※秋は10~12月の限定日のみ運航(写真は山科エリア付近)
http://www.biwako-sosui.jp/

おすすめ店舗ピックアップ

地元に愛されるカフェランチ

cafe ペチカカフェ ペチカ
昔ながらの商店街と枝垂れ柳が植えられた白川近くの喫茶店。木の扉を開けると、藍色の椅子が並ぶ居心地の良い空間が広がります。人気のランチは、和食好きの店主が作る「ペチカのおひるごはん」。献立は週替わりで、メイン料理に副菜2品、味噌汁、サラダ、ごはんがセット。男女問わず地元の人々にも好評です。季節の果物を使ったケーキやパフェなど自家製スイーツもおすすめ。
cafe ペチカ
京都市東山区唐戸鼻町562-1
アミニティ白川1F
☎075-531-9790
http://www.cafe-pechica.com/

京都駅から蹴上・岡崎へのアクセス(一例)

  • 「京都」駅から地下鉄烏丸線で「烏丸御池」駅、東西線に乗り換えて「東山」駅もしくは「蹴上」駅下車
  • 「京都」駅から市バス
    5

    系統で「神宮道」バス停、

    206

    系統で「東山二条・岡崎公園口」バス停など下車

わびすけのひと口メモ

岡崎や蹴上周辺は美術館やギャラリー、本屋などが集まる文化的なエリアなんだ。2020年には京都市美術館が京都市京セラ美術館としてリニューアルオープンするよ。楽しみだな。