歳の市でにぎわう 錦小路界隈

花見小路 hanami-koji 月々のおすすめエリアとともに、京都の風物詩をご紹介します。ナビキャラクター わびすけ

歳の市でにぎわう、錦小路界隈

京の台所として知られる「錦市場」。師走になると、正月の準備に必要なものを買い求める人々で大いににぎわいます。周辺にある歴史感じる寺社とともに、活気あふれる商店街で年末の京都を楽しんでみてください。

ほんまもんがそろう商店街

錦市場にしきいちば
400年以上前から魚市場として栄えてきた「錦市場」。現在は130軒ほどの専門店が並んでいます。売られているものは魚をはじめ、京野菜や漬物、豆腐、お茶、包丁など実にさまざま。その品質は確かで、名料亭や割烹の料理人が食材を仕入れに来ることもあります。飲食ができる店もあるので、食事も買い物も同時に楽しめる、京都屈指の人気スポットです。

錦市場

京都市中京区錦小路通(寺町通~高倉通)
http://www.kyoto-nishiki.or.jp/

通称錦の天神さん

錦天満宮にしきてんまんぐう
寺町通と錦小路が交差する場所にある錦天満宮。学問の神様・菅原道真公をまつる天満宮として、各地から参拝客が訪れます。境内には牛の像が鎮座していて、頭を撫でたあとに自分の頭を撫でると、学力が向上すると信じられています。

錦天満宮

京都市中京区新京極通四条上ル中之町537
☎075-231-5732
http://nishikitenmangu.or.jp/

洛中の縁結びスポット

六角堂(頂法寺)ろっかくどう(ちょうほうじ)
本堂の形が六角形になっていることから、その名前がついた六角堂。聖徳太子が建立した、いけばな発祥の地でもある場所です。嵯峨天皇ゆかりの「縁結びの柳」があり、おみくじを2本の枝に結びつけると、良縁に恵まれるといわれています。

六角堂(頂法寺)

京都市中京区六角通東洞院西入ル堂之前町
☎075-221-2686
http://www.ikenobo.jp/rokkakudo/

時代劇の聖地

誓願寺せいがんじ
新京極通の中央に位置する誓願寺。飛鳥時代に天智天皇の勅願で建立されたという歴史あるお寺です。落語の祖である「策伝上人」が住職を務めたことから、芸事の上達にもご利益があるといわれています。見上げるほど大きな阿弥陀如来像は必見です。

誓願寺

京都市中京区新京極通桜之町453
☎075-221-0958
http://www.fukakusa.or.jp/

おすすめ店舗ピックアップ

茶葉の香りに酔いしれて

錦一葉にしきいちは
錦市場の中に店を構える宇治抹茶専門店「錦一葉」。奥の茶寮では、こだわりの宇治茶や茶葉を使った料理・甘味で一服できます。お昼時のおすすめは『京生麩抹茶そば』。抹茶を練り込んだ風味のしっかりした抹茶そばと、生麩やお揚げといった京都らしい具材が楽しめます。京都の底冷えで冷えた体を、温かい宇治茶や料理で温めてみてはいかがでしょうか。
京都市中京区錦小路通御幸町西入ル鍛治屋町210
☎075-253-1118
https://nishiki-ichiha.com/

京都駅から錦市場へのアクセス

  • 「京都」駅から地下鉄烏丸線「四条」駅下車
  • 「京都」駅から市バス
    5

    系統で「四条高倉」バス停下車
    ※五条経由の5系統は「四条高倉」に行きません。ご注意ください。

わびすけのひと口メモ

市場がこの地にできたのは、きれいな地下水が湧き出ていたからなんだって。その地下水で魚を冷やして保存していたんだね。今でも錦天満宮にある井戸から汲めるみたいだよ。