緑と水辺にやすらぐ夏 八幡市

花見小路 hanami-koji 月々のおすすめエリアとともに、京都の風物詩をご紹介します。ナビキャラクター わびすけ

緑と水辺にやすらぐ夏、八幡市

3つの河川の合流域にある、水と緑の豊かな八幡市。森や川辺の景色に庭園、有名武将と関わり深い神社など、八幡市の魅力に触れるスポットをお届けします。

武将も篤く信仰、山上の古社

石清水八幡宮いわしみずはちまんぐう
厄除け祈願で有名な「石清水八幡宮」。平安時代の創建より、都から見て裏鬼門に位置することから国家鎮護の神社として崇敬されてきました。源氏をはじめ、織田、豊臣、徳川といった有名武将、発明家のエジソン、僧で「寛永の三筆」のひとり・松花堂昭乗など、著名な人物たちとのエピソードも多く伝わる神社です。国宝の本殿には様々な動植物の彫刻があり、昇殿参拝(2/4~12/31、11時と14時からの1日2回)すると見学できます。

石清水八幡宮

京都府八幡市八幡高坊30
☎075-981-3001
http://www.iwashimizu.or.jp/

八幡のシンボル

男山おとこやま
山上に石清水八幡宮が創建された、八幡市のシンボル的存在の男山。山中にはいくつかの散策ルートが整備され、野鳥や竹林、神社の史跡が気軽に楽しめます。眺めの良いケーブル利用もおすすめです。山上に石清水八幡宮が創建された、八幡市のシンボル的存在の男山。山中にはいくつかの散策ルートが整備され、野鳥や竹林、神社の史跡が気軽に楽しめます。眺めの良いケーブル利用もおすすめです。

男山

京都府八幡市八幡高坊

庭園好きも必見

八幡市立松花堂庭園・美術館やわたしりつしょうかどうていえん・びじゅつかん
松花堂昭乗が晩年を過ごした草庵「松花堂」や旧泉坊書院が佇む庭園。日本庭園の情緒をゆっくり楽しみたい人におすすめの場所です。昭乗ゆかりの「松花堂弁当」は、敷地内の「京都吉兆 松花堂店」でどうぞ。

八幡市立松花堂庭園・美術館

京都府八幡市八幡女郎花43
☎075-981-0010
http://www.yawata-bunka.jp/syokado/

時代劇の聖地

流れ橋(上津屋橋)ながればし(こうづやばし)
地元の人も利用する橋ですが、時代劇のロケ地としても広く知られています。川沿いにはサイクリングロードを整備。流れ橋付近で休憩をとったり、自転車愛好家や観光客の姿も多く見られます。

流れ橋(上津屋橋)

京都府八幡市上津屋宮前川端

おすすめ店舗ピックアップ

夏は氷にのせてめしあがれ

やわた走井餅老舗やわたはしりいもちろうほ
石清水八幡宮の門前茶屋。平安時代の刀鍛冶・三條小鍛冶宗近の故事にちなみ、刀身を模した『走井餅』が名物です。北海道産小豆のこし餡を杵つきの羽二重餅で包み、上品な餡の甘みが散策後の体をやさしく癒してくれます。昔ながらの風情ある喫茶スペースで、八幡市産のお茶と一緒にどうぞ。夏季限定のかき氷には、抹茶蜜の氷に『走井餅』を添えた『走井餅しぐれ』も登場します。
京都府八幡市八幡高坊19
(石清水八幡宮表参道一ノ鳥居前)
☎075-981-0154
http://www.yawata-hashiriimochi.com/

京都駅から八幡市へのアクセス

  • 「京都」駅から近鉄京都線で「近鉄丹波橋」駅下車、京阪本線に乗り換えて「八幡市」駅下車
  • 「京都」駅からJR 奈良線で「東福寺」駅下車、京阪本線に乗り換えて「八幡市」駅下車

わびすけのひと口メモ

八幡市はお茶の産地としても有名で、川辺に行くと「浜茶」って呼ばれる茶畑があるんだ。おもに抹茶の原料である碾茶を育てているよ。茶畑は「流れ橋」の近くでも見られるから探してみてね。