大原の夏を楽しむ

花見小路 hanami-koji 月々のおすすめエリアとともに、京都の風物詩をご紹介します。ナビキャラクター わびすけ

大原の夏を楽しむ

澄んだ川の流れと、みずみずしい大原野菜が育つ田畑。光が差して地面で揺れる木陰を眺めながら、寺の庭先に吹く涼風を感じる…この夏は「大原」を満喫してみませんか。


風が涼しくて気持ちいいな♪

大原で感じる極楽浄土

三千院さんぜんいん
天台宗五箇室門跡のひとつ「三千院」。客殿から眺める緑豊かな「聚碧園」、阿弥陀三尊像を納めた「往生極楽院」、青々とした苔むす風景が楽しめる「有清園」、6月になると数千株の花を咲かせる「紫陽花苑」、そのそばにある祈願道場「金色不動堂」など、境内には自然と歴史が織りなす清らかな空間が広がります。文化財の収蔵・展示施設「円融蔵」では、門跡寺院特有の史料や、復元された往生極楽院の天井画などが見学可能です。
京都市左京区大原来迎院町540
☎075-744-2531
http://www.sanzenin.or.jp/

パワー感じる庭園

宝泉院ほうせんいん
柱を額縁に見立て樹齢700年の力強い五葉松が観賞できる額縁庭園は圧巻。「理智不二」と名づけられた水琴窟も置かれ、つくばいから滴る水の反響音に心が落ち着きます。ほかにも血天井や宝楽園など見どころ多彩。
京都市左京区大原勝林院町187
☎075-744-2409
http://www.hosenin.net/

大原の味が大集合

里の駅 大原さとのえき おおはら
新鮮な大原野菜と加工品の直売所のほか、お母さん手づくりの味が楽しめる食事処に餅工房、そして毎週日曜開催の「大原ふれあい朝市」など、里の駅には大地の恵みと、人との温かなふれあいが待っています。
京都市左京区大原野村町1012
☎075-744-4321
http://www.satonoeki-ohara.com/

伝説残る大原の滝

音無の滝おとなしのたき
三千院よりさらに奥地へ進み入ったところにある「音無の滝」。かつて僧の聖応大師が滝の前で声明を唱える修業をしていたところ、滝の音と声が調和。ついには水の音を消しさったという伝説があります。
京都市左京区大原来迎院町

おすすめ店舗ピックアップ

「里山の幸」づくしの絶品ランチ

わっぱ堂わっぱどう
前菜、グラタン、天ぷらなどコースで出てくる野菜は、大原で栽培した無農薬有機野菜を使っています。毎日、店主自ら畑に出て収穫した新鮮な食材ばかり。ビニールハウスを用いず、大原の気候にあわせて栽培される野菜は自然の恵みそのもの。野菜に限らず山菜や川魚、鹿肉など、里山ならではの食材を味わえるのも楽しみのひとつです。のどかな景色に溶け込んだ古民家での食事。お昼のみの営業で完全予約制です。
京都市左京区大原草生町102 草庵内
☎075-744-3212
http://wappado.jp/

京都駅からのアクセス
  • 「京都」駅から地下鉄烏丸線で「国際会館」駅、京都バスの大原、小出石行きに乗り換え「大原」バス停下車
  • 「京都」駅から京都バス
    17

    18

    系統で「大原」バス停下車京都駅からのアクセス

わびすけのひと口メモ

三千院の参道を挟むようにして流れる2本の川は、呂川と律川っていうんだ。呂と律は仏教の儀式や法要で唱える仏教音楽「声明」の音階のこと。大原は声明が盛んな土地だったから、川の名前にも使われたんだね。