秋の一乗寺散策

花見小路 hanami-koji 月々のおすすめエリアとともに、京都の風物詩をご紹介します。ナビキャラクター わびすけ

秋の一乗寺散策

京都洛北の地にそびえる比叡山。その山裾に広がる「一乗寺」エリアには、歴史深い寺院や旧跡が静かに佇んでいます。11月後半頃からは赤や橙に移ろう紅葉の彩りも楽しめますよ。


門跡寺院を染める秋

曼殊院門跡まんしゅいんもんぜき
延暦年間、天台宗の開祖・ 最澄が鎮護国家の道場として創建。天台宗の京都五箇室門跡のひとつに数えられています。国宝の「絹本著色(けんぽんちゃくしょく)不動明王像(黄不動)」をはじめ、狩野探幽や狩野永徳筆の襖絵など、貴重な宝物も多く有しています。紅葉の見どころは、弁天池の周囲や勅使門周辺の白壁沿い、そして小堀遠州好みの庭と伝わる大書院前の枯山水庭園。門跡寺院の奥ゆかしい空間で感じる秋。贅沢な時間が過ごせます。
曼殊院門跡
京都市左京区一乗寺竹ノ内町42
☎075-781-5010
http://www.manshuinmonzeki.jp/

風雅漂う山荘跡

詩仙堂しせんどう
江戸時代初期に活躍した文人・石川丈山(じょうざん)が隠棲した山荘跡。晩秋には、丸く刈り込まれたサツキの奥で赤や橙に染まった木々が庭を彩ります。堂内に響く鹿おどしの音にも耳を傾けながら、風流なひと時をどうぞ。
詩仙堂
京都市左京区一乗寺門口町27
☎075-781-2954
http://www.kyoto-shisendo.com/

俳人ゆかりの古寺

金福寺こんぷくじ
創建は平安時代。松尾芭蕉や与謝蕪村、小説「花の生涯」のヒロイン村山たか女(じょ)とゆかりある古刹です。枯山水庭園や茶室「芭蕉庵」周辺の紅葉が見事。茶室周辺からは市内の風景も見渡せます。
金福寺

京都市左京区一乗寺才形町20
☎075-791-1666

決闘地に立つ一本松

一乗寺下り松いちじょうじさがりまつ
白川通から詩仙堂へ向かう途中、道が三方向へ分岐する所に松の木が立っています。ここは、江戸時代初期の剣豪・宮本武蔵と吉岡一門決闘の地と伝わる場所。石碑も置かれ、伝説を今に伝えています。
一乗寺下り松
京都市左京区一乗寺花ノ木町

おすすめ店舗ピックアップ

「里山の幸」づくしの絶品ランチ

一乗寺中谷いちじょうじなかたに
「でっち羊かん」や「詩仙もち」など地元ゆかりの和菓子と、パティシエールの若女将がつくる洋菓子。異なるジャンルのスイーツが店頭で一緒に並ぶ「一乗寺中谷」では、和洋の素材を合わせた創作スイーツも絶大な支持を受けています。「絹ごし緑茶てぃらみす」や「三色お豆のタルト」といった定番をはじめ、季節限定商品も多彩。喫茶スペースでは甘味だけでなく軽食もいただけるので散策時のランチにも使えます。
京都市左京区一乗寺花ノ木町5
☎075-781-5504
http://ichijouji-nakatani.com/

京都駅からのアクセス
  • 「京都」駅から市バス
    5

    系統で「一乗寺清水町」もしくは「一乗寺下り松町」バス停下車

わびすけのひと口メモ

地名になっている「一乗寺」は、実在したお寺の名前なんだって。南北朝時代の動乱以降に廃寺になっちゃったらしいんだ。地名として今も残っているくらいだから、きっと立派なお寺だったんだろうね。できれば一度、見てみたかったな。