京の夏と幕末を感じる旅 木屋町・三年坂周辺

花見小路 hanami-koji 月々のおすすめエリアとともに、京都の風物詩をご紹介します。ナビキャラクター わびすけ

京の夏と幕末を感じる旅 木屋町・三年坂周辺

今から150年前、日本が近代化を目指して歩み始めた明治時代。この新時代は、激動の幕末を経て生まれました。今回は、幕末の様々なエピソードが残る京都の木屋町や三年坂周辺をご案内します。夏の風情とともに、息づく歴史を感じましょう。

歴史を体感、幕末の総合博物館

幕末維新ミュージアム 霊山歴史館
ばくまついしんみゅーじあむ りょうぜんれきしかん
幕末に活躍した維新志士たちの魂が眠る「京都霊山護国神社」。そのそばにある幕末維新の総合博物館が「霊山歴史館」です。3D映像や模型、遺品など様々な趣向の展示物で、幕末の歴史が体感できる全国唯一のミュージアム。2018年は通年特別展として「大西郷展」を開催し、西郷隆盛に焦点をあてつつ、隆盛と関わりのあった坂本龍馬や新選組などの資料も豊富に展示しています。

幕末維新ミュージアム 霊山歴史館

東山区清閑寺霊山町1
☎075-531-3773
http://www.ryozen-museum.or.jp

幕末の密会エリア

三年坂周辺さんねんざかしゅうへん
重要伝統的建造物群保存地区に指定された観光地。石畳の道が続くこの一帯には、かつては志士たちが密議を交わしたという場所が点在しています。近くにある清水寺の本坊塔頭寺院・成就院もそのひとつ。
三年坂周辺

志士が奔走した川辺

高瀬川たかせがわ
繁華街・木屋町通り沿いを流れる高瀬川。幕末の頃は水運が盛んで、川辺には藩邸が建ち並び、志士たちが潜んで活動していました。川沿いを歩けば、当時の事件や藩邸跡を伝える石碑が多く発見できます。

高瀬川

高瀬川の一之船入(船を接岸する場所のひとつ)には、往年を彷彿とさせる船を展示しています。

歴史を語る傷跡

三条大橋さんじょうおおはし
夏は納涼床が並び、情緒ある眺めが楽しめる鴨川。ここに架かる三条大橋には、新選組が尊王攘夷派の志士を襲撃した「池田屋事件」の時の刀傷と伝わる傷が残されています。西から2番目の擬宝珠に注目を。
三条大橋

おすすめ店舗ピックアップ

老舗茶屋でいっぷく

二軒茶屋にけんちゃや
創業は室町時代。様々な歴史的書物にも紹介されてきた名物の田楽豆腐は、坂本龍馬もよく食したといわれ、龍馬の暗殺現場には「中村屋」(当時の屋号)と書かれた下駄が残っていたとか。現在、和モダンな雰囲気の茶屋では、田楽豆腐や鯛茶漬けなどの軽食と、老舗こだわりの甘味でくつろげます。人気は、自家製わらび餅や煎りくるみなど、10種類以上の味が楽しめる『抹茶パフェ』です。
東山区祇園町 八坂神社鳥居内
☎075-561-0016
http://www.nakamurarou.com/

京都駅から各スポットへのアクセス(一例)

  • 「京都」駅から市バス
    206

    系統で「祇園」「東山安井」「清水道」バス停下車

  • 「京都」駅から地下鉄で「烏丸御池」駅、
    東西線に乗り換え「京都市役所前」「三条京阪」「東山」駅下車

わびすけのひと口メモ

桜で有名な円山公園や京都霊山護国神社には、中岡慎太郎と坂本竜馬の像が。京都ホテルオークラ前には桂小五郎の像が。幕末ゆかりの像を巡る散策もおもしろいかも。